スマートフォンの時代に合わせた機能

スマートフォンの時代に合わせた機能

iPhoneの登場

スマートフォンが進化する中で外せないのがiPhoneの登場です。2008年の夏に販売されてそこから2011年までに一気に販売台数を伸ばしていきます。従来のスマートフォンはタッチパネル式でもタッチペンが必要なものでした。使用されているものは細かな動作を再現するために抵抗膜方式というものでありこれは耐久性が低いこと、静電気の発生による誤操作が起きやすいためにカバンやポケットの中で誤操作が起きるということが問題視されてきました。その点、iPhoneでは静電容量方式が用いられており、耐久性や誤操作の面が改善されたため、これもスマートフォンが選ばれることに拍車をかけました。

世界的にはAndroidとiOSとではAndroidのほうがシェア率は高いのですが、日本ではiPhoneのOSであるiOSのほうがわずかにシェア率が高いです。これは日本においてスマートフォンへの移行はiPhoneを中心に進んだことが背景としてうかがえます。

今となっては当然に普及しているスマートフォンですが、機能も充実しているためこれ以上の進化があるのかということを疑問視する人は少なくありません。確かにアプリが登場したことで基本操作は問題なく使えています。今後さらに充実すると考えられているのが液晶部分のサイズと通信網の進化です。あらゆる場所でいつでも通信をスムーズにできるようさらに進化することが期待されています。